製造技術

パイプの製造工程

当社で製作するプラスチックパイプは主に4つの工程に分けられます。

押出成形機

(1)押出成形工程    :  プラスチックの原材料を加熱圧縮し、可塑化  

 

(2)冷却工程       :  可塑化されたされたプラスチックを冷却し硬化

 

(3)パイプ引き取り工程 : 冷却硬化された成形部分をローラーにて引き取り、一定速度に保持

 

(4)切断工程       : 硬化されたパイプを定尺にて切断

 

当社ではスケールの異なる6台の成形ラインを設置しております。ご要望のサイズに応じてラインを使い分けております。

 

 

主な設備

押出成形機 60mmφ 1台
  50mmφ 2台
  45mm 1台
  40mm 2台
切断機 チップソー式 5台
(インライン) プレス式 1台
  ロータリー式 1台
引取り機 6台  
自動巻取機 1台  
定尺切断機 3台  
粉砕機 2台  
ホッパードライヤー(50kg) 2台  
ボール盤 2台  
 旋盤 1台  
チラー装置 1台